忍者ブログ HOME
;
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010年も残りわずか。

今年発売になった小説は、なんとなく「戦争」や「家族」がテーマになっていたものが

多かった気がします。もちろん、年鑑ランキング!なんてことになると、村上春樹氏の

『1Q84』の1~3巻や、五木寛之氏の『親鸞』上下巻、東野圭吾氏の『新参者』なんかが

上位に来るんでしょうけれど。

私の大好きな作家さんの一人・小路幸也さんも、文庫・書籍あわせて今年は12冊も

出されました。はっきり言って、はずれナシです。

この3ヶ月間に発売された作品だけでも5作品。

■幻冬舎文庫『探偵ザンディピーの休暇』は、主人公・ザンディピーさんのキャラクターが

最高です!彼が話す言葉を読んだだけで、顔が笑顔になってしまいます。

■祥伝社文庫『うたうひと』は、前にここでも紹介しましたが、小路幸也作品の中でも

特に好きな作品の一つです。まさに珠玉の短編集です。

■PHPからでたハードカバー『ラプソディ・イン・ラブ』は、今まで読んだことの無い小説

でした。全員俳優という家族が、家族を演じる話。演劇好きな方にはたまらないかも。

■ポプラ社文庫『カレンダーボーイ』は、小学生のとき仲良しだった友人と、なぜか

交代に大人の意識を持ったままタイムスリップして小学生に戻る…という、摩訶不思議な

世界の中で、子供の頃死んでしまった友人の死を阻止できるのか?という物語。

■実日文庫『モーニング』は、大学の友人の葬儀に集まった友人4人の物語。

レンタカーで帰る途中に、そのうちの1人が「帰って1人で自殺する」と言い出して。。


全部おすすめ!年末年始は小路幸也三昧、いかがですか?


PR
当店は、平日は朝の9時から夜の12時まで営業中。

そこで働く私はもちろん、朝~夕方のTV番組を見ることなどなく。。

正直「ちちんぷいぷいの~!」とか「よ~いドン!の~」と言われても「???」では

あるのですが、本屋たるともそうは言っていられません。

そして、やはり朝・夕の帯番組は絶大なる人気を持っているようで…

この2冊がえらい勢いで売れています。

左が西靖の60日間世界一周旅の軌跡

(500円税込)

右が『プロが教えるとっておきオススメ300

           (980円税込)



どちらも関西ローカルTVで大人気のコーナーの本です。

正直、こんなに売れるとは思わなかった!?のですが、おじさま&おばさまには絶大な

人気を誇っているようです。とくに『オススメ300』は、番組を見ていなくても、値段が手ごろで

おいしそうなお店がずらりと並ぶすぐれもの。これぞ下町のミシュランガイド!?

どちらも店頭で手に取っていただくのをお持ちしておりますw
世の中、てんやわんやな今日この頃。西からは中国が、北からはロシアが、

そして既に韓国に実行支配されている竹島。。自分の近くじゃないから平気ですか?

 日本人って「嘘をついてはいけません。」って親に教えられて育ちますよね。

だから、国や国家が「嘘をつく」なんてありえないと思ってしまう。私も数年前まで

そう思っていました。しかし。平気で嘘をついて「ここは元々うちの領土やから~」とか

何とか言って、その国の民族殺して、平気で領土を広げる国もあるわけです。

私の敬愛するジャーナリスト・櫻井よしこさんによる著書

異形の大国中国~彼らに心を許してはならない』

(新潮文庫)はなぜ「心を許してはならない」のかがとても

よく分かる本。正直怖くなります。

この本が単行本で発売されたのは2008年。そう、北京で

オリンピックが開催された年です。世界的にチベットや

ウイグルを弾圧する国がオリンピックなんて!と

抗議デモが起こったあの年。

いまでもチベットやウイグルでは弾圧が続き、今度は尖閣諸島や沖縄までも

「うちの国」と言い出す始末です。

国会議員はもちろんのこと、国民も「よく分かりません」では済まない情勢です。

そのうち、この国は隣国に乗っ取られるかも…あぁ、日本人のまま死にたい。。

とにかく、せっかく文庫化されたので、この1冊ぐらいは読んでおきましょう。

急に寒くなりましたね!もう夜ご飯が鍋でも全然OKです。むしろ鍋が食べたいかも。

しかし。一人暮らしだったり、家族と暮らしていても食事の時間が合わない…なんて

人も多いんじゃないでしょうか?そこでオススメのこの1冊!
 
シリコンスチ-ムなべつき使いこなしレシピ

(主婦の友社・1680円税込)

いま話題の、電子レンジやオーブンレンジで使えるシリコン製の

鍋。なんとこの本にはその鍋が1つ付いています!!

もちろん本屋で売っているのですから、レシピ本もセット。

買ったその日からすぐに、スチーム鍋で料理が作れます。

材料と調味料を入れて、電子レンジでチンするだけで、あったかいシチューやスープ、

煮物も簡単に出来てしまう。電子レンジでごはんも炊けるし、チーズケーキなどの

スイーツまで出来てしまう優れものです。

火を使わずに調理できるので、おじいちゃん・おばあちゃんへのプレゼントにもいいかも!

お値段もお手ごろな、オススメの1冊です。
祝!文庫化!!です。当店でも大人気の作家・小路幸也さんの短編集『うたうひと』がついに

文庫になりました。小路さんといえば“東京バンドワゴンシリーズ”が一番人気ですが、この

短編集もサイコーに素晴らしい作品です。

音楽をやる人が出てくるお話が7編。単行本では6編でしたが、

文庫版では1編書下ろしがプラスされました。

そして!あとがきはミュージシャンの伊藤銀次さんです。

小路さんは、以前プロのミュージシャンを目指されていたらしく、

その頃の体験や想いがこの作品に込められているようです。

また、佐野元春さんや大滝詠一さん、伊藤銀次さんらの音楽も

すごく好きだったみたいで…小説のタイトルに曲名が使われていたりして、そういうところ

から伊藤銀次さんとも繋がったらしく。。好きっていう気持ちって、なんか繋がるんだなぁと。

ま、そんなエピソードも素敵なわけですが、とにかくこれは読んで欲しい1冊。

今年のクリスマスには、これをプレゼントとして身近な人に配って欲しいなと。お値段も

お手ごろですしね。どうですか?

まずは1冊、自分用に買って読んでみてください。損はさせませんよっ!

(祥伝社文庫・本体650円)
<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]