忍者ブログ HOME
;
[3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


『永遠の0』(百田尚樹著・講談社文庫)

この文庫が発売されたのは、去年の7月。
一部の書店では大々的に展開され、色んなところで評判になりました。
私の回りの出版関係者からも「今年読んだ中で1番」なんて声も
よく聞いたのですが。。
戦争モノ。そして600ページ弱の分厚い文庫本。
ついつい敬遠してしまったのです。

この著者は、先日映画が公開された「BOX!」と同じ人。
その最新刊「影法師」は時代物でしたが、感動モノでした。
なので、やはりこれは読まないと!と。

正直、読み終えるのにとっても時間がかかりました。
そして、読み終わった後は、しばらくの間、涙が止まりませんでした。

でも、「感動した」「泣けた」だけでは表現できないのです。
本屋として思ったのは、これは売らないといけない!ということ。
売らないと!というより、多くの人に読んでもらわないと!と。
(ま、本を売るのは生業ですから。。。買ってもらった方が。。)

この夏、この本を売りたいと思っています。

PR
盛り上がってるのかどうか、ちょっとビミョーな感じもしますが、始まりましたサッカーW杯。

普段は全くサッカーを観ない私ですが、やっぱりW杯となると多少気になります。

日本が勝てるのかどうか、全く謎ですが。。。どうも日本人にはサッカーは合わない気がして(汗)。

そんな私でも、この本はちょっと熱くなりました。

『銀河のワールドカップ』(川端裕人著・集英社文庫)。これはおすすめ。

元Jリーガーで失業中の花島は、ひょんなことから小学生に誘われ、

公園でサッカーをすることに。しぶしぶ加わった花島だったが、

不思議な三つ子のプレイに目を奪われる。三人とも同じ顔の男の子。

それが絶妙なパス回しやドリブルでどんどん点を重ねていく。恐るべき

才能に驚く彼は、コーチを引き受けたが…。という、サッカー青春小説。

めちゃくちゃワクワクさせられます。サッカーの知識ナシの私でも楽しめましたが、詳しければ

もっともっと楽しめるはず。W杯で盛り上がるあなたを、もっともっと盛り上げますよ!

関西で、金曜の夜のTV番組といえば?…そう、探偵!ナイトスクープ。

あの番組の放送作家さんが現在大活躍中の作家・百田尚樹氏です。

デビュー作は『永遠の0』。聞いたことの無い作家さんなのに、よく売れた記憶が。

文庫になると多くの書店で山積みになり、40歳以上が読みたい本NO1とか、

泣かずにはいられない本とか、大評判でした。

そして現在映画公開中の『ボックス!』。この原作も百田さんの作品。映画もかなり

面白かったですが、原作はもっと深い。本屋大賞の5位にもなりました。

そして最新刊がこの『影法師』。今度はなんと時代小説!

父の遺骸を前にして泣く自分に「武士の子なら泣くなっ」と

怒鳴った幼い少年の姿。作法も知らぬまま、ただ刀を

合わせて刎頚の契りを交わした十四の秋。それから―

竹馬の友・磯貝彦四郎の不遇の死を知った国家老・

名倉彰蔵は、その死の真相を追う。その真実とは…。

凄まじいほどの友情を描いたこの作品。胸が熱くなること間違いなしです!
みなさんは日曜日の午後1時半、何をしていますか?

私はTVを見ています。

東京では放送されていない「たかじんのそこまで言って委員会」という番組。

毎週熱い議論のバトルが繰り広げられる、ちょっと危険(?)な番組です。

その番組の司会者でもある、アナウンサーの辛坊次郎氏と、

お兄さんの辛坊正記氏(日本総研情報サービス代表取締役専務)

の共著『日本経済の真実~ある日、この国は破産します』(幻冬舎)

が売れています。もちろん私も買いました。

いま、この国がなぜ不景気なのか、なぜわれわれの給料が上がら

ないのか、いま、この国はどういう状況なのか…よく分かります。

政治も経済も人事ではなく、すべて我々の生活にかかってくること。

賢い国民になって、いい社会・いい日本にしていきたいものです。

前回オススメした『スタンド・バイ・ミー 東京バンドワゴン』。

こちらの単行本版(単行本が出て、2年後に文庫になります)の新刊

『オール・マイ・ラビング 東京バンドワゴン』が発売になりました!

私はずっとこちらの単行本ペースで読んでいます。年に1冊のお楽しみ。

1年経つと、なんとなく忘れてしまいそうになるのですが、読み始めるともう

バンドワゴンの世界に一直線!読後の感想は「めっちゃ良かった!!」。

読書の何が面白いのかわからない人、何を読めいいのかわからない人、最近なんかブルーな人、

ちょっとでも元気になりたい人、少しの間でも幸せな気分になりたい人…ぜひぜひバンドワゴンを。

ほんっとに幸せな気分にしてくれる物語ですから。
<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]