忍者ブログ HOME
;
[52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

しばらくぶりでございます。ドタバタにかまけて、放置状態でございました。

申し訳ございません。以後気をつけます。。

いまだ寒さ衰えず…ですが、梅は咲いております。桜はまだかいな~です。

そう、もうすぐ春。春といえば本屋大賞の季節です!

4月10日発表。今年のノミネート作は…

■ノミネート作品【作品名五十音順】
--------------
『偉大なる、しゅららぼん』万城目学(集英社)
『くちびるに歌を』    中田永一(小学館)
『ジェノサイド』     高野和明(角川書店)
『誰かが足りない』    宮下奈都(双葉社)
『人質の朗読会』     小川洋子(中央公論新社)
『ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち』
              三上延(アスキーメディアワークス)
『ピエタ』        大島真寿美(ポプラ社)
『舟を編む』       三浦しをん(光文社)
『プリズム』       百田尚樹(幻冬舎)
『ユリゴコロ』      沼田まほかる(双葉社)

以上10作品。みなさんは何冊読まれていますでしょうか。

このノミネート作は、全国の書店員が1年間の間に発売された

作品の中から3作品を選び、その集計で決められます。

ちなみに、私が1次投票にNo1投票したのがコレ。

『たぶらかし』安田 依央著

早くも文庫化!540円。

ドラマ化になるそうで、異例の

スピード文庫化です。

装丁もえらくおしゃれになって。

ドラマ化…きっと原作の方が

面白いと思うので、ぜひ読んでみて

下さい!







ということで、本屋大賞は何が取るのか?4/10をお楽しみに!
PR
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]