忍者ブログ HOME
;
[51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『漂砂のうたう』で直木賞を受賞した、木内昇(きうちのぼり)さんの

直木賞受賞後初の新刊が、明日発売になります。

題名は『笑い三年、泣き三月』(集英社刊・1,680円)

笑い三年、泣き三月というのは、義太夫節の稽古では、

泣き方よりも笑い方の方がずっと難しいという意味らしい

のですが、この小説が義太夫の物語というわけでは

ありません。

終戦直後の焼け野原で出合った、旅芸人、復員兵、

戦災孤児という、年齢も境遇も全く違う3人が、浅草の


ストリップ小屋で家族のように暮らし始めるという物語。

今日食べることで精一杯で、とにかく生きて行こうとする

人たち。そんな彼らの物語を読んでいると、色んなことでクヨクヨしたり落ち込んだりしている

現代の日本人たちに

「終戦直後に比べたら、どれだけ恵まれてるか!おまえらしゃんとせんか!」と

渇を入れられているような気持ちになります。

前作の『漂砂のうたう』とはまた異なる世界観が楽しめるこの作品。

最近どうも元気の出ない日本人に、読んで欲しい1冊です。

 
PR
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]