忍者ブログ HOME
;
[47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日、集英社から全集が刊行されました。

集英社創業85周年記念企画・コレクション『戦争と文学』全20巻+別巻1

コレだけ見たら、なんとも近寄りがたい硬そうな感じがしますが、パンフレットを

じっくり読めば興味津々です。各巻が『ヒロシマ・ナガサキ』や『アジア太平洋戦争』

といった風に分かれている訳ですが、内容は文学。これまた「文学」なんて言えば

近寄りがたいですが、要は小説です。(短歌や川柳が入っている巻もありますが)

小説は、作家が読者の心を動かそうと書くもの。そして読者の想像力をかきたてる。

それを読むことによって、数々の戦争やその時の暮らし、時代の空気を感じること

が出来るのです。資料集やノンフィクションの読み物では分からない…ドナルド・

キーン氏も「戦争について考えようとした場合、小説を読むことがいちばん効果的な

方法です」と仰っています。

もはや、おじいちゃん・おばあちゃんに戦争の体験を語ってもらえる時代では無くなり

ました。それは日本が平和であることの象徴かもしれませんが、世界中でいまだに

戦争が続いています。そんな中で、平和だからと“戦争”を忘れてしまうことは、少し

危険な事かもしれません。物語によって、次の世代に引き継ぎたい。そんな想いが

込められた全集です。

第一回配本(2冊同時発売)

『ヒロシマ・ナガサキ』

『アジア太平洋戦争』

発刊記念特別定価

各3570円

絶賛発売中です!

PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]