忍者ブログ HOME
;
[48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


単行本で発売されたときに、買おうかどうしようか迷った本。

発売されてかなり経ってから、結局買うこともあるし、断念することも。

そして、それが文庫化されたときに「あ!これ読みたかったやつ。」と

手に取り、それが面白かったりすると「あぁ、やっぱり読むべき本やったんや」

と、その本との巡り会いを確信するわけです。

最近、文庫化されて読んだ本『空とセイとぼくと』もそんな1冊。

幻冬舎文庫・久保寺健彦・760円。

大都会、東京の片すみで野外生活をしながら、
犬のセイとふたりだけで生きてきた野生児・零。


なんて、子供+犬=お涙ちょうだいモノ?と躊躇して

単行本の時は諦めたわけです。が。

やっぱり読むべき本は文庫になっても気になる。

そして、やっぱり読んでよかった!!となる訳です。

我ながら、伊達にン十年本屋に出入り(?)してるわけじゃない~と思ったり。

久保寺健彦さんの著書は他にも『みなさん、さようなら』(デビュー作)、

『ブラック・ジャック・キッド』がそれぞれ文庫化されています。どの作品も

ちょっと変わった(?)子供が成長していく物語で、ついつい引き込まれます。

そして、なんだか元気をもらうような。。

個人的には、この3作品の中ではやっぱり『空とセイとぼくと』がお気に入り。

ぜひお試しあれ。



PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]