忍者ブログ HOME
;
[4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(「1Q84」じゃないですよ~)

4月といえばコレ!小路幸也・東京バンドワゴンシリーズっ!

まずは本日めでたく文庫化になりました、第3弾。

『スタンド・バイ・ミー 東京バンドワゴン』(集英社文庫・税込600円)

第1弾・第2弾をもう読まれた方は、ほらもう本屋に走り出しているはず。

「東京バンドワゴンってなんじゃ?」…というアナタ。不幸ですよ、読まないと。

こんなにHappyな小説。読むだけで元気になる(ハズ)。


舞台は東京下町の古本屋“東京バンドワゴン”。この老舗古本屋を営む

堀田家は最初は8人(今は何人だっけ?)の大所帯。日々の暮らしの中で

あれやこれやと事件が起こる!?泣いて笑って朝から晩まで大騒ぎの、ハートウォーミングな

ホームドラマ。まだ読んでいない方は『東京バンドワゴン』『シー・ラブズ・ユー 東京バンドワゴン』

(共に集英社文庫)からお楽しみ下さい。

いやいや、出たらスグに読みたい単行本派なあなた!

出ますよ~新作。第5弾『オール・マイ・ラビング 東京バンドワゴン』。こちらは4/26発売予定。

毎年四月は文庫+新刊単行本が出る予定。ぜひこの楽しさ、味わってくださいね!
PR
最近、時代ものづいている私ですが。

普段はあまり“売れている本”というものに手を伸ばすことがありません。

売れている本はそれでOK,それならあまり売れていない本を読んで発掘しよう!

という感じで。もちろん、好きな作家さんなんかは別ですが。

しかし。これはハマりました。大ベストセラーではないものの、いま密かに(?)

人気のシリーズ“みをつくし料理帖”。現在3冊発売中。



<『八朔の雪』 『花散らしの雨』 『想い雲』  高田郁著・角川春樹文庫>

大阪生まれの主人公・澪は、子供の頃に洪水で両親を亡くし、ひょんなことから

有名な料亭で働くことに。そこで味覚の才能を見出され、女ながらに料理人の道に

入ります。その店が火事で無くなってしまい、江戸で支店を開いているはずの

若旦那のところに行くと、その店は違う人の物に。ショックで主人は亡くなり、

女将さんを養うために小さな蕎麦屋で働き始める澪ですが…というお話。

笑いあり、涙あり、人情たっぷり、美味しさたっぷりで、読み出したら止まらない。

とくに関西人の私たちには、澪が関東と関西の味や文化に悩むところがとっても

よく分かってなお面白い。

時代物はちょっと…という方にも必ずや楽しめるハズ。

はやく4作目が出てほしくて仕方が無い今日この頃です。
当店で絶大なる人気を誇る作家・西尾維新。

ずっと延期になっていた作品が、ついに発売になります。しかも4作同時発売!!














零崎人識の人間関係 戯言遣いとの関係

零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係

零崎人識の人間関係 無桐伊織との関係

零崎人識の人間関係 零崎双識との関係

零崎の中でも一番人気の“零崎人識”の知られざる人間関係が、ついにつまびらかに!!

『匂宮出夢との関係』では人識の隠された思いが。

『無桐伊織との関係』では零崎になった伊織の零崎ぶりが。

『零崎双識との関係』ではちょっぴり微笑ましい兄弟関係が。

中でも、今まで語られることの無かった、京都連続通り魔事件の真相と“戯言使い”こと

“いーちゃん”との関係について語られる『戯言遣いとの関係』は、ファン必読の書となります。

泣いても笑っても、コレが最後の零崎。読んでも見ても大充実の4冊です!!

立派な…とまで言わなくても、日々生活していくうえで困らない「生活する力」。

たとえば、ぞうきんをちゃんと絞れるか?お箸はちゃんと使えるか?

ちょう結び・かた結びはできるか?ほうきとちりとりをちゃんと使えるか?

アイロンはかけられるか?お裁縫は出来るか?

当たり前に出来るはず…なことも、そういう機会がなければなかなか習得出来ないもの。


そこで!この『せいかつの図鑑』小学館・¥2940-税込)です。

子供の間に身に付けておきたい生活する力が、楽しく身に付く1冊。

ご両親が「どうやって教えればいいのだろう?」ということや、

大人でもあやふやなことが色々と載っているので、親子で学べます。

入園・入学・進級のお祝いにもぴったり!恥ずかしくない大人への第一歩は

子供の時の知識から!ですね。


もしも現代に侍がやってきたら。。そんな物語。映画化も決定している

『ちょんまげぷりん』荒木源著(小学館文庫・¥600-税込)をご紹介。

この物語は、侍自信も分けもわからず突然現代の東京に出現してしまいます。

侍・木島安兵衛もビックリなら、それに遭遇した

シングルマザー・遊佐ひろ子も、最初は確実に不審者

もしくは危ない人としか思えず、少々パニック。

しかし。まぁ色々あって、同居することになるのですが…。


おそらく、これを読んだアラサー&アラフォー独身女子及び

シングルマザーはきっと「うちにも侍来てくれ!!」と思うはず。

いいよ、侍。歴女じゃなくても心惹かれるよぉ。。もちろん男子も楽しめます。

子育て中のお父さん&お母さんにもオススメ。イッキ読みの面白さです!
<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]