忍者ブログ HOME
;
[16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近、時代ものづいている私ですが。

普段はあまり“売れている本”というものに手を伸ばすことがありません。

売れている本はそれでOK,それならあまり売れていない本を読んで発掘しよう!

という感じで。もちろん、好きな作家さんなんかは別ですが。

しかし。これはハマりました。大ベストセラーではないものの、いま密かに(?)

人気のシリーズ“みをつくし料理帖”。現在3冊発売中。



<『八朔の雪』 『花散らしの雨』 『想い雲』  高田郁著・角川春樹文庫>

大阪生まれの主人公・澪は、子供の頃に洪水で両親を亡くし、ひょんなことから

有名な料亭で働くことに。そこで味覚の才能を見出され、女ながらに料理人の道に

入ります。その店が火事で無くなってしまい、江戸で支店を開いているはずの

若旦那のところに行くと、その店は違う人の物に。ショックで主人は亡くなり、

女将さんを養うために小さな蕎麦屋で働き始める澪ですが…というお話。

笑いあり、涙あり、人情たっぷり、美味しさたっぷりで、読み出したら止まらない。

とくに関西人の私たちには、澪が関東と関西の味や文化に悩むところがとっても

よく分かってなお面白い。

時代物はちょっと…という方にも必ずや楽しめるハズ。

はやく4作目が出てほしくて仕方が無い今日この頃です。
PR
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]