忍者ブログ HOME
;
[23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


『映画篇』金城一紀著・集英社文庫

素敵な物語でした。いや、参りました。

題名通り、様々な映画のタイトルが出てきますが、

この本を読むのに映画の薀蓄は一切必要ありません。

映画に詳しい人はよりいっそう楽しめるのかもしれませんが、

この本は“映画が嫌いじゃない人すべて”におススメです。
 

20100625.JPG“映画”というものが、とても素敵な役割を持つ短編集で、

この5つの物語が同じ時期に同じ場所で起っているので、

それぞれの物語が少しずつ重なってるんですね。

私が“本”という物体を好きだという気持ちと同じようなものを、

この小説の中で扱われる“映画”に対して感じました。

携帯やPCの画面からよむ小説と、紙に印刷された本が少し違うように、

                DVDやケーブルTVで観る映画とは、少し違うパワーを持った、 スクリーンで

                観る映画。

                やっぱり、映画には不思議な力があるんだな、と。

                とっても素敵な物語でした。 この本に出合えてよかったです。
























 

PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]