忍者ブログ HOME
;
[39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


松井今朝子という作家さんをご存知でしょうか?

『吉原手引草』で第一三七回直木賞を受賞。祇園生まれで、歌舞伎の脚本・脚色・

評論などをされ、NHKで歌舞伎の講師をされることもしばしば。一方で小説家と

してもご活躍中。歌舞伎などの専門家なだけあって、小説の中に出てくる着物に

ついての記述や、江戸の文化についての描かれ方が素晴らしいです。

直木賞受賞作『吉原手引草』が最高に面白かったのですが、

その続編とも言える新刊が発売されました!

『吉原十二月』(幻冬舎・1680円)です。

『吉原手引草』は少しミステリー仕立てでしたが、今回は

ミステリーではありません。が、吉原の大店の主人が語る

という形式では似てるかな?この主人が、自分の店で育て、

吉原1、2といわれた2人の同期の花魁について語ります。

花街ものが好きな方にはたまらない!あ、男女のどろどろはあれど、

アダルト小説ではありませんからね。松井今朝子ファンは必読です!

江戸の文化と、花魁の心意気をお楽しみ下さい。
PR
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]